Taku Fukushima

Japanese | English

What's new

2016/07/16
Publicationsに研究会発表の情報を追加しました.
2016/05/12
Publicationsに発表予定情報を追加しました.
2016/04/01
大阪工業大学に所属が変更になりました.

Profile

福島 拓 (Taku Fukushima)
大阪工業大学 情報科学部 情報メディア学科
特任講師
E-mail: taku.fukushima at oit.ac.jp
Twitter: @cifcif
Facebook: taku.fukushima
研究分野
多言語間コミュニケーション支援,協調作業支援 (CSCW),Web情報システム,ヒューマンコンピュータインタラクション (HCI),ヒューマンコンピュテーション,自然言語処理応用,音声情報処理応用
所属学会
情報処理学会,人工知能学会
福島 拓

学歴・職歴

2002/04 - 2005/03
奈良県立 平城高等学校
2005/04 - 2008/03
和歌山大学 システム工学部 デザイン情報学科(飛び級)
2008/04 - 2010/03
和歌山大学大学院 システム工学研究科 システム工学専攻 博士前期課程
修士(工学)(修士論文:「多言語用例対訳共有システムにおける用例対訳評価手法に関する研究」)
2010/04 - 2010/09
和歌山大学 教育学部 非常勤講師
2010/04 - 2013/03
和歌山大学大学院 システム工学研究科 システム工学専攻 博士後期課程
博士(工学)(博士論文:「多言語用例対訳の収集および利用システムの構築に関する研究」)
2013/05 - 2016/03
静岡大学大学院 工学研究科 数理システム工学専攻 助教
(改組のため,2015年度より,静岡大学大学院総合科学技術研究科工学専攻数理システム工学コースへ所属変更)
2014/04 - 2016/03
静岡大学 工学部 次世代ものづくり人材育成センター 創造教育支援部門 併任教員
2016/04 -
大阪工業大学 情報科学部 情報メディア学科 特任講師

受賞

最優秀: 和歌山県知事賞
第16回わかやまソフトウェア・CGコンテスト'07 (2007/11)
ヤングリサーチャ賞
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム (2008/07)
優秀論文賞
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム (2008/08)
ヤングリサーチャ賞
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2009)シンポジウム (2009/07)
GN研究賞
情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会 (2009/09)
野口賞(最優秀デモンストレーション賞)
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム (2011/07) [共著として]
ヤングリサーチャ賞
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム (2011/07)
最優秀論文賞
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム (2012/08) [共著として]
ベストプレゼンテーション賞
情報処理学会,グループウェアとネットワークサービスワークショップ(GNWS2012) (2012/11)
Third Best Paper Award
IEEE SMC, International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS2012) (2012/11)
野口賞(優秀デモンストレーション賞)
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム (2014/07) [共著として]
優秀論文賞
情報処理学会,マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2014)シンポジウム (2014/08) [共著として]
優秀発表賞
情報処理学会,第93回グループウェアとネットワークサービス研究会 (2015/01)

学会等委員

2010/04 -
言語グリッドアソシエーション 事務局
2014/04 -
情報処理学会 グループウェアとネットワーク研究会 運営委員
2015/11 - 2017/01
情報処理学会論文誌「ダイバーシティ社会に向けたコラボレーション支援とネットワークサービス」特集号 編集委員

外部資金

2014年度~2016年度
JSPS科研費(若手研究B) 研究代表者
課題名「正確性の担保を手動で行うリアルタイム自動翻訳技術の研究」